社会福祉法人 晶貴会は、次世代育成支援対策推進法に基づき、「一般事業主行動計画」を策定しましたので、公表します。

  1. 次世代育成支援対策推進法とは
    少子化の流れを変えるため、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育成される環境をつくるため、国、地方公共団体、企業、国民が担う、それぞれの果たすべき役割などを定めたものです。
  2. 一般事業主行動計画とは
    企業が、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境や、子育てをしていない従業員を含めた多様な労働条件の整備等の取り組みを実施するための行動計画です。

社会福祉法人晶貴会行動計画(第3回)

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分発揮できるようにするため、次の行動計画を策定する。

1. 計画期間 平成29年4月1日から平成32年3月31日(3年間)
2. 内容

目標:計画期間内に、深夜業の制限制度における対象となる子の範囲を拡大し、周知する。

対策

  • 平成29年7月~ 子の対象年齢の拡大について検討
  • 平成30年4月  制度の拡大、パンフレット等による職員への周知